秋田県八峰町 NEXT5山本合名の限定日本酒がある宿・基地づくりを始めます!

シェアする

鈴木了です。

空き事務所を改築し、来年5月頃、一日一組限定の宿をつくるという挑戦の資金集めでクラウドファンディングに挑戦中です。
3月で協力隊の任期を終える私が運営をします。
任期終了後は、八峰町で活動を続けます。
個人として、空間・グラフィックデザイン、古材の回収・活用
Kaag projectとして、リノベーションの施工とDIYワークショップをしようと思います。

スポンサーリンク

山本合名が作る400本の限定酒がある宿

冬が最高の宿

設計・施工は木工職人さんと私のコンビで行い、プロデュースを山本合名会社の山本友文社長にお願いし、八峰町を満喫できる宿にするため、話し合いをしています。

海が見える宿は、半露天の薪風呂、薪ストーブ、デッキでの焚き火ができ、観光的に冬が閑散期となる八峰町で、雪が降るほど、寒くなるほど楽しむことができます。

限定日本酒

さらに、宿に泊まった人だけが飲める日本酒を作ります。甘口・辛口それぞれ200本準備し、全国の山本ファンと日本酒ブームが広まる都会の人に、来てもらおうという狙いです。

滞在中は、農業・酒造り・木工体験などを楽しんでもらい、八峰町の魅力である海と山で遊びつくしてもらいます。

クラウドファンディングに挑戦中

300万円程の費用のうち200万円をクラウドファンディング(以下CF)で集めることです。
CFとは、アイデアをもつ起案者がインターネットを通し、資金提供を広く呼びかけ、共感した支援者から資金を集める資金調達方法です。

コトをリターンに

支援してもらうため起案者は、魅力的なお返しを準備します。今回のお返しは、限定酒の先行予約や宿泊券という、いわゆる「モノ」と宿を一緒に作ったり、宿に名前を刻んだりという「コト(過程、体験)」です。
「モノ」よりも、支援した挑戦が成功し、仲間や面白い場所が出来上がっていく「コト」に魅力を感じる人が増えています。

ぜひ本文を見てみてください。

酒と海を愛する【CRANDS】の一員となって、基地と町を楽しもう!秋田県の日本酒界をリードする若手蔵人集団NEXT5の一員、町内の酒蔵「山本合名会社(日本酒“山本”)」の山本友文社長が宿のプロデュースを行い、この基地に泊まらなければ飲めない400本限定の...

移住ツアーや空き家改修事業で培ってきた力と、Uターン後にできた仲間があるからこそできるこのチャレンジをぜひ、応援してください!