【レポート】第1回DIYワークショップ~インスタに載せたくなるかわいい踏み台を親子で作ろう!

シェアする

秋田県八峰町地域おこし協力隊の鈴木了です。
4月16日(日)僕と和彦さんのものづくりユニット「Kaag project」主催のDIYワークショップを開催しました。

8組23名が参加してくれて、こどももたくさんのにぎやかなワークショップになりました。

今回作るのは、踏み台です。

スポンサーリンク

親子で踏み台を作ろう!DIYワークショップ

場所は、町の遊休施設で開催され、キッズスペースなどもつくって、少しでも楽しんでもらえるよう準備させてもらいました。

まだまだ僕らの段取り不足があり、予定終了時刻をかなりオーバーしてしまいましたが、ケガなく全員が大満足の作品を作ることができました!

作業開始!

やってもらった作業は、素材選び(杉・桐・桜・欅)・ヤスリがけ・みつろうワックス塗り・下穴開け・組み立て・ダボ埋めと盛りだくさんの内容でした。

素材選び中。樹種によって重さや硬さが全然違います。
同じ樹種でも、木目や色がそれぞれ違って悩みます。

ヤスリがけ中。
シャカシャカという音が響きます。

みつろうワックス塗り中。
ツヤが出て、高級感が出ます。一気に商品っぽくなります。

パパの作業が気になります。

パパ・ママは交代で子守をしながらの作業お疲れ様でした。
小学生の女の子2人もほとんどの作業を一人でこなして、完成させていました。すごい!

参加者の声

僕の友達は、2台目をつくるために、お昼ごはん後に個別ワークショップを開催し、倍以上の速さで倍以上のクオリティーの作品を作っていました。今回のワークショップでDIYのスキルアップができたみたいです。
「2台目がうまく出来すぎて、同じ人が作ったとは思えない。」とのこと。

参加者の声!
「小学生に全部やらせてもらい感謝です。とても楽しかったらしく、ずっと踏み台持ってました。」
「いい体験させてもらったよ。今では踏み台フル活用だよ。」
「なかなかできない経験だったので超楽しかったです。ちなみに我が子は押し車にして遊んでました。」
「とても楽しかったです。こどもと来ても楽しめるイベントだと思います。」

家族に感謝

僕と和彦さんの家族もサポートをしてくれたおかげで、成功させることができました、本当に感謝しています。

次回は、5月21日(日)

継続は力なり!ということで、来月の第3日曜日も開催します。5月21日(日)です。
黒板塗料をつかった作品作りをします。
詳細決まったら、また告知します。

ワークショップを通して伝えたいこと

このワークショップの目的は、完成品が自分のものになることではなく、自分でものをつくる楽しさをたくさんの人に知ってもらうことです。
(きれいな完成品がほしいときは、和彦さんの会社に頼むのが間違いないです。)

特に、こどもたちが工具を使えるようになるのを親には優しく見守ってもらって、作る楽しさ、作ったものを大切にすることを身に付けることができるワークショップにしていきたいです。

完成したものは、プロが作ったものよりは出来が悪いかもしれないけど、作った本人や家族にとって1番大切であればそれでいいんです。
そういった気持ちをもっている家族に参加してほしいし、参加することでそんな家族になってもらいたいです。

DIYの文化を!

もちろんこのワークショップをより良いものにし、続けることが僕や和彦さんの仕事の発展につながることも目指しています。

ワークショップがきっかけでDIYが好きになった。今度はこんなの作ってみよう。そうだあの2人に相談してみよう。とかなると嬉しいです。

僕や和彦さんがデザインをして、僕が図面をひいて、和彦さんが製材して、それをみんなと一緒にやっていけたら。
DIYが町の文化になっていったら素敵ですね。

長くなりましたが、これからもDIYワークショップ開催していきます!お楽しみにです!

最後に動画

若狹さんが動画をまとめてくれました!
こうやって、まわりの人が応援してくれるのが嬉しいし、心強いです!

当日の楽しい様子が伝わる動画です!
参加してくれると、楽しいのはもちろんですが、
他参加者とも交流ができます。こどもがものづくりを好きになります。つくったものを大切にします。

そんな日曜日を過ごしてみてはいかがでしょうか!
ぜひ、動画見てください!

追記:次回はオリジナルウッドアートづくりです。

【告知】第2回DIYワークショップオリジナルウッドアートづくり 裏は黒板だよ。
DIYの楽しさを伝えるために、毎月第3日曜日にDIY Workshopを開催します。 次回は、5月21日(日)オリジナルウッドアートづくりです。

スポンサーリンク

シェアする