リビルディングセンターでエアストリームの内装完成させたよ。〜ワークショップ2日目〜 ReBuilding Center JAPAN

シェアする

引き続き長野からお伝えします!
僕は今長野県にいます。
2017年5月27日・28日に開催されたReBuilding Center JAPAN (リビルディングセンタージャパン)でのエアストリーム改修ワークショップに参加してきました。
今日は最終日のレポートです!

スポンサーリンク

初日の振り返り

リビセンとエアストリームはこんな感じです。
このエアストリームは、ワークショップ初日でこうなりました!

ワークショップを超えたガチ現場感!

初日は予定よりも進行しなかったので、二日目が勝負だとみんなで再確認しました。
ワークショップの参加メンバーは、DIY経験がある人も多く、2日目は全員男(初日は女性が1人いましたが、2日目は用事があり不参加)。
初日のハードワークを乗り越え、全員がマスヤゲストハウスに泊まり、銭湯もみんなで行ったのですっかり仲間意識が芽生えていました。
全員が完成させるという責任感を持った、非常に楽しくも真剣なワークショップ・・・いや、現場となりました。

もちろんスタートは朝8時!!

ヘリンボーン周りの納まり

そういうわけで、早速作業開始!

昨日貼ったヘリンボーンの床の周りに、違う種類の古材を貼っていきます。
まずは、古材の両辺を切り落として、ドンドン貼っていきます。

エアストリーム難敵のコーナー!

エアストリームは角が丸くなってます。
それが特徴でかっこよくて、可愛いのですが、建築的には丸いものをきれいに納めることは難しいです。

それでも全員でコーナーに立ち向かい、それぞれのアプローチ方法で試行錯誤しながら綺麗に納めました!
ダンボールで型を取ってくれた仲間のおかげです。
僕も楽しくて仕方がなかったです。

最後は塗装!

いよいよ塗装です。

スクレーパーで凸凹面をなめらかにします。
ベストはサンダーやグラインダーで真っ平らにすることかもしれませんが、あまりにも何重にもペンキが塗られていたり、何度も改装を繰り返されたエアストリームのため、難易度が高かったことや、ワークショップということもあり、そのような処理にしました!

窓にはマスキングテープで養生をします。
COLORWORKSさんのマスキングテープ可愛い!
今回のワークショップにご協力いただいてたようです!

塗料もCOLORWORKSさんのもの。
外国のお菓子みたいなパッケージです。

攪拌するとすぐに塗り始められます。
匂いもあまりなく、良い塗料。
乾くと質感が少しざらっとして、焼き物のような感じでかっこいい!

完成!

昼からは笹倉さんのライブがこのエアストリーム内で行われるため、間にあわせるためみんな必死!
もちろん笹倉さんも全ての作業に参加して、僕らを引っ張ってくれました。

かっこよすぎます。
たくさんのエアストリームを見てきた笹倉さんも、ヘリンボーンの床のエアストリームは初めてだそうです。
椅子と植物とギターが並ぶと、そこはもう最高のライブ会場です。

笹倉慎介さんのエアストリームライブ!

作業のご褒美として、少人数制のエアストリームライブです。
自分たちでつくったエアストリームでライブが聴けるなんて、こんな贅沢なことはありません。

さっきまで、工具を持っていた笹倉さんが、ギターを持っていて違和感です。笑

感無量。

そのあとのお昼ご飯も最高でした。

夜は笹倉慎介さんのカフェライブ

お昼のライブの後に2度塗り目を済ませ、
夜はカフェでのライブです。

リビセンの象徴の窓の前で、笹倉さん、かっこいい。
音が響いてアコースティック・マイクなしなんですが、いい感じです。
やさしいメロディーと歌声。

ライブ後、準備から頑張ったということで僕にサイン入りCDをプレゼントしてくれました!
優しい!男前!すっかりファンになりました。

まとめ

いつもは、ワークショップを主催する側の僕ですが、
今回は完全参加者として完成の達成感・できた!という満足感の積み重ね・作業を通しての仲間ができる喜び
感じることができました。

やっぱり、DIYワークショップは楽しい!
この楽しさをたくさんの人に伝えたい!僕のこの想いは間違いじゃない!と再確認できました。

リビセンのみんなからは、たくさんの技術も盗ませていただき、今後のワークショップで秋田のみんなにも伝えます!

ちょうど来月開催しようと思っていたプランターづくりのワークショップで、リンゴ箱風にしようと思っていたところ。
リビセンでこんなかわいいもの発見!
盗みます!笑
許可くれたスタッフのみんなありがとう!

お土産に古材のキャンプチェアいただいちゃいました!
かわいいし、座り後こともナイスです。

というわけで、最高の長野でした。
また来ます。
今度は家族を連れて遊びに行きます!


スポンサーリンク

シェアする