秋田県八峰町第2回お試し移住ツアー レポート

シェアする

2016年6月3日~5日に 八峰町第2回お試し移住ツアーが開催され、
参加者スタッフ怪我なく、無事に終えることができました。

参加されたみなさん、協力していただいた町民のみなさん、萱葺き職人さん、ライターさん、カメラマンさん、みなさんお疲れ様でした。

スポンサーリンク

第2回お試し移住ツアー

たくさんのご応募ありがとうございます。

このツアー実は人気がありまして、
申込み期限までに、全国各地17名の方からご応募いただきました。
そして、さらに驚くことに、
現在、17名のうち、9名の方が、具体的に移住の準備を進めています。

移住コンシェルジュとしてはうれしい限りです。

ツアーには、当選者10名のうち7名の方にご参加いただきました。
移住を決断した皆様には、引っ越し前に町民と出会える場としてツアーを活用していただきました。

初日

集合~そば打ち&きりたんぽづくり

初日は、13時に秋田駅に集合。
八峰町へバスで移動し、日本海と山々が一望できる本舘(もとだて)地区のそば打ち体験館で、地元の方の指導の下、そば打ちときりたんぽづくりをしました。

地元のお父さんがやさしく教えてくれます。
第1回同様、町長も顔を出してくれました。

おいしそうにできました。

交流会

そのあとは、地元の方も参加して交流会。


日本酒もあり、話が弾んでいるようでした。
地元の人も多数参加してくれているので、移住への不安や仕事の話などができました。

2日目

舞台は手這坂(てはいざか)

メインイベントは、手這坂地区にある茅葺屋根の古民家で萱葺き屋根の葺き替え体験&リフォーム体験です。

ここに住むのは、約4年前に移住してきた宮城県出身の木村さん。
引越してきてから、結婚、そしてお子さんが誕生しています。

葺き替え体験

萱を切る作業や、足場に上っての見学をしました。
この日は残念ながら雨も降り、外での作業は様子を見ながらとなりました。

廃材を利用して、土間に廊下作り

廊下の土台には、廃材の木を利用しました。
土台を組んでいくために参加者は、ノミと玄能を駆使してトントンカンカン。
のこぎりやインパクトドライバーなども使いました。

大工作業は、初めての人が多かったですが、大工さんの指導があるので、すぐに慣れます。
時間を忘れて熱中する人が続出です。

塗り壁にもチャレンジ

ひとりで塗れるもんという商品を使って、塗り壁にも挑戦しました。
生クリームのように柔らかく、初心者でも使いやすい商品です。
手についても、水で洗い流すことができますし、漆喰のように手が荒れることもありません。

オレンジ色と白色を使い分けました。

お昼ご飯

かまどで炊いたご飯のおにぎりとピザ釜で焼いたピザです。
なんと木村さんのお家には、かまどとピザ釜があるのです!
普段の料理もかまどを使っています。
小雨でも外で食べるご飯は格別です。

ツアー終了後

このツアーのおかげで、 廃材を利用して作り上げた空間が完成間近となりました。

ツアー終了後

廊下の仕上げ作業と、土間から廊下に上がる階段ができ、
畳が入り、塗り壁の仕上げも進みました。
あと残るは、扉の制作と床や壁への撥水塗装です。

ビフォーアフター

まとめ

レポート

今、ここでしかできない体験を

町の空き家をリフォームして、そこで出た廃材からアイディアを得て、スタートしたこのリフォームももう少しで終わります。
このリフォームに合わせて、人を呼び、ツアーを開催しました。

まさに、今、ここでしかできない体験を移住検討者に体験してもらいました。
この体験は、忘れられない思い出となり、八峰町を好きになるきっかけになるかと思います。

八峰町を好きになることが、移住への第一歩

移住ってとても思い切ったことです。
出身地でなければなおさらです。
移住の第一歩は、その場所やそこにいる人を好きになることだと思いませんか?

移住ツアーでは、その第一歩を「体験」で作っていきたいと思います。

これからも八峰町は、リフォーム体験を進めます

これからも、空き家リフォームを中心とした移住促進活動をしていきます。
八峰町の移住定住の軸は「空き家リフォーム」です。
ぶれずに活動を続けますので、これからもよろしくお願いいたします。


スポンサーリンク

シェアする