10/7八峰町に「市」誕生~『じゃっぱ市』~ポンポコ山のんめもの祭りとハシゴしよう!

シェアする

10/7(土)13:00~16:00
八峰町漁業会(観光市向かい)で『じゃっぱ市』が開催されます。
規格外品や傷物、普段は販売されず、生産者さんだけが味わっていた味を皆さんに販売しちゃいます!
朝市ではなく、昼市です!同日開催のポンポコ山んめもの祭りで昼ご飯を食べてから、じゃっぱ市へゴー!

スポンサーリンク

じゃっぱ市

規格外はどこへ?

漁師さんが獲る魚

農家さんが採る野菜

普段お店で目にしているのは物は、傷がなく、大きさも一定のルールを守られた“規格内”のものだけです。

では、規格外のものはどこへ行くのでしょう。
産直施設へ行くものもありますが、生産者さんの家族や知り合いの家庭で食べられたり、
食べきれないものは、処分されています。

でも、それも売り物と同じ一つの収穫物であり、命です。

おいしくいただけるのであれば、一般の僕らも食べてみたい!
そう思いませんか?

生産者さん自ら売る

お店でも、飲食店でも、魚や野菜を売っているのは誰ですか?
きっと、お店の人であり、その魚や野菜をおいしいと思って、買ってきた人です。

本当にその魚や野菜を獲ったり、作ったりした人と接する機会はあまりありません。
スーパーでは、生産者さんの写真を飾っていることもありますが、生の声を聞く機会はありません。

じゃっぱ市では、生産者さんが売り場に立ち、あなたに獲った時の話や作るときの話をしてくれます。
(農家さんは稲刈りのピークのため、出品のみの場合がございます)

じゃっぱ市の夜。顔が見える晩ご飯をあなたに。

あなたが食べたご飯を思い出してください。
食卓に並んだものを獲ったり作ったりした人の顔がわかる食べ物が何個ありますか?
じゃっぱ市で買い物をした後のご飯では、すべての食材を獲ったり作ったりした人の顔がわかる晩ご飯を食べてみませんか?

きっと、その晩ご飯は格別な味がすることでしょう。

イベント詳細

日時

10月7日(土)13:00~16:00

場所

八峰町漁業会(観光市向かい)

内容

規格外品や傷物、普段は販売されず、生産者さんだけが味わっていた味を生産者さん自身が販売します。
輪投げや釣りゲームでこどもも遊びながら、おいしい食材をゲット!

海の男のせり体験

14時からは、海の男がせりのやり方を教えてくれます。
目玉商品を安くせり落としてみましょう!
こどもも大人も一緒に参加しましょう!

このイベントは、
主催:HAPPO TURN
共催:秋田県漁業協同組合北部総括支所
八峰町交流促進事業を活用しています。

参加してくれる漁師さんと農家さん大募集中!

まだまだ参加してくれる漁師さんと農家さんを大募集中です!
ご連絡ください。

また、このイベントお手伝いをしてくれるという方がいましたら、お気軽にお問合せください。(ボランティア)

メール:info@happokyoryokutai.com

よろしくお願いします!


スポンサーリンク

シェアする