秋田県八峰町第6回お試し移住ツアー レポート

シェアする

2018年2月10日~12日に第6回お試し移住ツアーを開催しました!

動画にまとめましたので、ご覧ください!

スポンサーリンク

お試し移住ツアー

内容

初日の酒蔵見学
きりたんぽづくり
交流会

2日目は、
リフォーム体験
しいたけ摘み取り体験(写真がなく、動画に入れられませんでした)
レストラン月見草での交流会

任期中最後のツアーでした

僕が地域おこし協力隊として参加する最後の移住ツアーでした。
2年前、初めて開催して、移住を検討する方やサポートしてくれる町の方と出会いました。
「移住」は使えば使うほど、これでいいのかな?これが町のためになるのかな?とか思ってしまう魔法の言葉。笑
それでも、自分としてできる範囲で、町の人と一緒にツアーを開催し続けることができてよかったです。

なんで「移住」が必要なのか。
そもそも「移住」が必要なのか。
日本国内の引っ越しが「移住」なのか。
秋田県民が東京に行くことを「移住」と言わないのはなぜか。
その理由は。原因は。人が来ればそれでいいのか。
人が減り続けることが悪いのか。

この一人一人の答えが違う問いかけ。
僕なりの答えは、「移住」でも「地域おこし」はいったん置いといて、
地方では、一人一人の暮らしの積み重ねが大切。ただそれだけでした。

文章では、言葉足らずになってしまい、読む人に勘違いされるかもしれませんが、
移住ツアーを終えて、書きたいことはこんな感じです!
動画見てみてください!


スポンサーリンク

シェアする