秋田県八峰町のこどもの遊びスポットといえばここ!ポンポコ山

シェアする

何年振りかにポンポコ山に行ってきました。

ポンポコ山というのは、八峰町の南側、能代まであと少しという位置にある、こどもが遊べる施設です。

八峰町の南の玄関口、道の駅みねはまにあるポンポコ山公園。バッテリーカーやバンガローのほか、雨の日でも遊べるパークセンター、6月に見ごろを迎えるラベンダー畑などで楽しめます。

どんな場所かは動画を見てみてください!

スポンサーリンク

ポンポコ山のおすすめポイント!

広大な敷地

めちゃくちゃ広いです。
パンフレットには、東京ドーム3個分!と書かれていました。
広いような気がしますね。

広いだけではなく、遊具がそろっています。

すごーく長い滑り台や、ネットの上を歩ける遊具、砂場、小さいこども用の滑り台などがあります。


とにかく、こどもは走り回るだけでも楽しいと思います。

芝生ゾーンもありますので、晴れた日は裸足で走ってもいいかも。

雨も雪でもOK!室内遊具も充実

ぼくが一番おすすめしたくなるのは、このポイントです。
雪国秋田の地方の課題は、冬に子供が遊べる場所がないことです。
外で雪遊びといっても、何時間もできるわけではありませんし、
まだ小さなこどもは、10分遊んだだけでも、鼻水だらだら、戦意喪失です。

八峰町も例外ではなく、冬でも室内で遊べる施設は、貴重です。
このポンポコ山は、室内にも大きな遊具があり、ずっと遊んでられます。

さらに、ペレットストーブという、薪ストーブのようなものがあり、室内がとっても暖かい。
外で遊んで、冷えてきたら、中に入って遊びながら暖まることができるんです。
本当にこういう施設は貴重。
お隣の能代市にも、ここまで室内遊具が充実した施設はないので(個人的にはそう思います)、能代市からもファミリーがやってきますよ。

レンタルの充実

冬はソリが100円でレンタルできます。
夏はパラソルなどがレンタルできます。
手ぶらで遊びに行けるのが魅力です。

赤ちゃんにやさしい

おむつ替えやミルクをあげるスペースが充実しています。
とにかくきれい。
お湯も出ますので、ミルクもそこで作れます。

おむつ替えは、よく見る寝かせるタイプのものはもちろん、
もう少し大きくなった子のために、立たせながら替えられるタイプのものも用意されています!
素晴らしい。

トイレには、大人用の便器の近くに、こども用の大便器と小便器もあるので、一人でトイレができるようになってきたこどもも安心です。

宿泊もできる

遊ぶだけではありません。
宿泊できるバンガローもあります。
木のバンガローでおしゃれです。

僕はまだ使ったことがありませんが、友達が旅行に来てくれたときとか便利そう。
料金も、1棟借りて1万円。
最大5人で利用できるようなので、5人で利用すればかなりお得です!

最後に、日本で唯一ネオスがあります。

たまに、NEOS「ネオス」の大会が開催されるとか!
ん?「ネオス」を知らないって!?
時代に取り残されていますよ!

知らない人は、こっそり動画でチェックしましょう!

まとめ

というわけで、ポンポコ山は、秋田県八峰町の子育てファミリーにはなくてはならない施設ということがわかりました。
雪国で子育てをしてみて、分かったのですが、
暖かい季節は遊ばせる場所がたくさんありますので困らないのですが、
冬の遊び場は困ります。

この冬何度も利用させてもらいました。
感謝感謝です。

この夏は、バンガローも借りて、バーベキューでもしたいですね!


スポンサーリンク

シェアする